通訳アプリとは?|【androidアプリ開発は専門家に!】アプリ開発情報局
app.com

通訳のアプリを使用すると、スムーズな対応ができる!

海外旅行者が増えている理由

なぜ日本にくる観光客が増えたのか、その理由は2つあります。一つが日本の文化です。綺麗な紅葉や風景、アニメや音楽などのサブカルチャーも注目されています。もう一つは日本製品を購入するためです。価格の割に性能、見た目が良いとのことで大量に買われる方が多いとされています。このような海外からくる観光客をもっと増やすために、今楽にコミュニケーションが取れるアプリが注目されているのです。

良く翻訳される言語!

no.1

【親日家が多い国】台湾語!

台湾には親日家が多いことは有名です。3月11日に起きた震災でも約200億円という多額の寄付をしてくれたことを日本人は忘れられないことでしょう。心優しい台湾人は日本にきます。特に多くの台湾人がくることで有名なのが沖縄です。台湾とは隣国なので、アクセスしやすく、沖縄の有名な通りでは、至る所に台湾の方がいて、台湾語も良く耳にします。通訳アプリで最も多いのは台湾語になることは言うまでもないでしょう。

no.2

【日本語が上手な方が多い国】韓国語!

日本でも韓国の音楽やドラマが一大ブームを作り上げています。韓国ドラマのロケ地ツアーで行かれる日本人も多くいます。しかも、日本語が喋れる方が案外多くいるため、通訳アプリを使うことがないと思われがちですが、間違ったことを言わない様にと通訳アプリを使用して旅行を楽しむ韓国の方も多くいます。

no.3

【爆買いの火付け役の国】中国語!

「爆買い」という言葉の生みの国と言えば中国。日本製品を大量購入してくれたため、経済にも良い影響を与えてくれたのも事実。スムーズな買い物がしたいという中国の方なので、日本語通訳アプリを多様します。

通訳アプリとは?

握手

便利なサービスが豊富

世界中に通訳アプリは多く存在します。共通して言えるのが便利なサービスが多いことです。例えば、話すスピードの調整、性別での音声認識調整、多国語の通訳などたくさんの便利機能があるため旅行には欠かせないアプリとされています。また、タブレット端末などから利用できるビデオ機能を使った通訳アプリまであります。伝えたいことを代わりに通じる言葉で伝えてくれるので、リアルタイムで話せてとても便利でしょう。業務にも活用できるといえます。

気になる費用

無料のアプリなどもあり、旅行客として使うのであれば無料アプリでも良いかもしれません。しかし、顧客対応が必要な企業側は有料通訳アプリがオススメです。1端末の月額利用料が約1万円台のものなら、専門スタッフが24時間対応してくれるため、便利です。また、通訳スピードが早いため、企業側とお客側の双方にメリットしかありません。通訳する場面が必要な時は、どちらが良いか決めてから使うようにしましょう。

広告募集中